資金繰り改善

仕入れ先への支払いが追い付かないときに売掛金がある時

更新日:

仕入れ先への支払いが追い付かないときってものすごい悩みますよね。関係する会社さんへも影響してしまいます。

実はそういうお金の調達に困った時、売掛金の存在をうまく使い、お金を調達する方法です。

取引先にも迷惑をかけてしまう

ビジネスで迷惑をかける意識

ビジネスで迷惑をかける意識

たいてい取引先はこちらが支払いを計画通りに行ってくれることを見越して、別の返済計画もたてていると思ったほうがいいでしょう。

つまり仕入先への支払いが遅れてしまうことで、相手のビジネスにも悪影響を与えてしまうということです。

発生する多くの”損”

  • 相手の会社からの信頼
  • 物理的に損害
  • キャッシュフローが鈍くなる

理由があるとは言えお金の支払いを止めてしまうことで、相手の会社からの信頼を失ってしまうことだけではなく、物理的に相手の会社に損害ができることや、キャッシュフローが鈍くなるという影響・損も発生します。

要は、仕入れ先への支払いが追い付かないという状況をつくってしまうことは、どうにもよくありません。

仕入先への支払いのためにお金を調達する方法

  • 金融機関からの融資を求める
  • 身内から会社でつかうお金を集める
  • カードローン、キャッシングでお金を借りる

事業のための資金を集めるには、やはりどうにかあちこち脚を使って融資を求めて回るのがメジャーです。信金や銀行などの金融機関からの融資、ビジネスローン、親や親戚からなど身内からのお金の借用。

クレジットカードのカードローン、キャッシングでお金を借りるなど、また消費者金融でもお金を借りることができます

ですが、金融機関などからお金を借りることが断られても、諦めないで下さい。

ファクタリングの活用という方法があります。

支払いが追い付かないならファクタリングで売掛金を使おう

支払いが追い付かない時に売掛金を売却するという資金調達の方法があります。

それがファクタリングの活用です。

ファクタリングとは、支払いが追いつかないときにおすすめです。

ファクタリングをサービスとして提供している会社へ申し込むと、たとえば何ヶ月も先に入金されるはずだった売掛金を資金調達することができます。

そのため支払いが追いつかないときに売掛金を売却し、支払いにあてることができるようになります。

条件が揃っている場合は、早くて即日での資金調達ができるケースもあります。

ファクタリングの仕組み

ポイント1:売掛金が発生する

取引先へモノの販売やサービスの提供をすると、売掛金が発生します。

ポイント2:ファクタリング会社からの資金融資

 

ファクタリング会社へ依頼すると、売掛金を取引先から入金される予定より先に支払いのような状態でお金を調達することができます。

ポイント3:取引先からの正規入金

正規に取引先企業から売掛金額面どおりの金額が入金されます。

ポイント4:ファクタリング会社へのお金と手数料の支払い

その入金があったお金に関しては保有者はファクタリング会社になるので、別の使い方(別に充てるなど)はせずに、ファクタリング会社へ支払いましょう。

これがファクタリングのサービスのなかでのお金の流れでした。

まとめ

二者間、三者間というファクタリングの違いがありますが、お金の流れはこうなっています。

仕入れ先への支払いが追い付かないときにファクタリング会社のファクタリングを利用してみるのも手ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-資金繰り改善

Copyright© 資金繰り悪化した時する対処法 , 2019 All Rights Reserved.