ファクタリング 資金繰り改善

リスケ(返済猶予)中でお金がない時にお金を用意する方法

投稿日:

リスケ(返済猶予)中でお金がない時にお金を用意する方法を調べてまとめます。

リスケジュールの期間はお金・・・特に現金が手元に無くなると不安で仕方ないです。

返済ができなくなってしまうことも、どんな安定している会社さんでもあり得ることですよね。

そういうときに銀行など金融機関からの「融資の返済猶予」を依頼するビジネス文書のテンプレートなんて検索している場合じゃないですよ。

実は大きな金額でも資金繰りやキャッシュフローを円滑にできるかもしれない方法があるんです。

リスケジュール(返済猶予)の悩み

返済猶予の交渉のことで頭がいっぱい

返済猶予の交渉のことで頭がいっぱい

  • 相手の会社に猶予してもらいに交渉するコストが高い
  • 無理な返済計画で常に自殺や廃業・夜逃げを考える
  • まじめに返済を続ける意志があってもお金がついてこない

リスケジュールをする際は、1分1秒でも早く相手の会社に交渉しないといけないですよね。お金の流れをせき止めることになるので、相手の会社さんにもダメージを与えてしまうおそれがあります。

信用でやっている地方の会社さんだと余計に、こういう交渉で不安にさせてしまったり、信用を削ぐことになりかねません。

お金が絡む交渉は厄介です。

「金融機関とどのような流れで交渉すればいいのか?」

「 必要な書類は?契約書に記載は?証明には?」

「猶予の交渉として重要なポイントは?」

担当者とどれだけ人間関係ができていても、お金に関して信用を落とすと、いっきに会社の取引関係が崩れてしまうこともあるでしょう。

そういうお金の悩みがあると大変ですよね。零細や個人事業主だと特に資金に関してショートしやすく、関係している各社にドミノ倒し的に迷惑をかけてしまう、ということにもなりかねません。

運用するだけの資金が手元にあることって、一般的にこうしたら解決しますよね

資金に体力がない会社としては、手元にある現金が何者にも代えがたいものになります。

  • 用途を限定しない銀行のフリーローン
  • ビジネス用途に使う銀行のビジネスローン
  • キャッシング
  • クレジットカードのカードローン
  • 消費者金融
  • ブラックな金融

どれも個人がビジネスで使う資金を調達するにしては少し金額が出ない物が多いです。(ブラックな金融はやめましょうね)つまりは個人に用意できる金額は限度があって、数XXX円の金額の融資は難しいですよね。

それらも借金になるので今切り抜けたとしてものちのちの負債として残っていきます

一番いいのはお金を借金じゃない方法で調達することができて、現金を用意できる状態にすることですよね。

その方法が実はあるんです。

それがファクタリングという方法です。

資金繰りのその悩みファクタリングで簡単に解決するかもしれません

ファクタリングというのは秘策でもウラ技でもなんでもありません。

このビジネス自体は「19世紀末」に自由の国アメリカでスタートしている金融商品で、海外では当然のように使われている資金繰り方法です。

一般的に毎月200万円に近い金額の売掛金があるなら、とても利用しがいがあるでしょう。

※ファクタリング会社の利益は融資ではなく買取なので手数料になります。金利は借金につきますが、手数料は金利ではありません。

まとめ

資金繰りに安心して笑顔がこぼれる

資金繰りに安心して笑顔がこぼれる

いかがでしたか?リスケ(返済猶予)中でお金がない時に、最短1日でお金を用意する方法としてファクタリングを提案させていただきました。

零細、中小、個人事業の経営者なら、こういった資金繰りについての知識もぜひ役立ててくださいね。

-ファクタリング, 資金繰り改善

Copyright© 資金繰り悪化した時する対処法 , 2019 All Rights Reserved.